クラウドワークスで仕事を探してみた

2020-01-10 オフ 投稿者: 所長

 今後セミリタイアラーとして年収300万という目標を作ってみたものの、まだ具体的なプランがない。社畜を20年も続けてきた人間が無収入になると、貯金はあってもどうも不安がぬぐえず、早くもフリーランスとしての仕事を探してみた。(普通はそういう不安があるからリタイアしないんだろうけど)

フリーランスの稼ぎ方を雑に大別するならこんな感じと思う。
①自前サービス・コンテンツ発信型
 (自己アイディアでWEBサイトやアプリを作る、ブロガー、youtuber等)
②請負型(自宅)
 小さなツール等のプログラミングを請け負うとか。
 IT系以外でも動画編集とか、英語翻訳とか、文章を書くとか様々な案件があるので、得意技に応じて。
③請負型(常駐)・非正規労働
 ITの開発現場にフリーランスエンジニアとして入る等。

 長期的には①をメインにしたいのだけど程度時間を掛けて育てる必要がある。自分のスキルを売ってサクッと収入を得るなら②だ。③は需要が多いので金額はさておけば仕事は必ずあるし、何なら元の会社にも頼めるけど、セミリタイアライフのイメージから遠いので優先度低。

 とりあえず冷やかし半分で②を探してみようと思い、クラウドワークスというサイトに登録してみると、自宅で可能な様々なジャンルのお仕事の募集があった。そして自分のスキルでやれそうな分野の仕事をいくつか応募してみたが…。

 仕事を簡単に考えすぎている発注者が多いのかな?自分の考えている価格の1/10くらいの安値をざらに求めてくるので価格面で折り合っていない。自分の感覚で1ヵ月フルタイム労働しないと無理なレベルの仕事が5万とか。これでも応募するやつおるんか?と思いきや、しかし結構沢山応募している。

 スキルの無い馬鹿が安請け合いしている?それともスキルのあるサラリーマンや学生や主婦が小遣い稼ぎ程度に採算度外視で仕掛けている?それとも今どきのフリーランサーは私が1ヵ月掛かると思う仕事を数日で出来ちゃったりするのか…?
 恐らくは発注側のITリテラシー不足(仕事の相場、大変さ具合が分かっていない)かつ、受注側の過当競争で不当な相場になってしまっている説が有力と思う。

 とりあえず、もう少し正当な金額の案件をゆるりと待ちつつ、リハビリがてらに開発環境作ったりしつつ準備をするか。どっちみち今働くと失業手当や再就職手当が貰えなくなるので。


ブログ村セミリタイア生活ランキング参加中!クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ