セミリタイア後のネガティブな感情

2020-01-19 オフ 投稿者: 所長

 セミリタイアしてまだ1ヵ月だけど、ネガティブな感情がたまに湧いてくる。ググってみると結構「セミリアタイア後あるある」な感情のようなので、5月病みたいなもんだろう。いずれ克服できると信じている。

(主に経済的な)不安感

 まずはこれ。多分貯金がいくらあっても同じことで、安定収入が途絶えたことによる不安感である。

 対策としては、セミリタイア逃げ切りグラフのように条件を変えてあれやこれや試算し、十分な資金準備があることを再確認することと、すぐに金にならずともフリーランス仕事の準備を進めていくこと(着実に前進してるぞ!と自分に言い聞かせる)かと思う。

 すぐに金になる方法を探すと、非正規労働なり就職に近い労働形式に向かってしまい、持続可能なセミリタイアの基盤作りにならないから、そこは気を付けるようにしている。将来的にそういう働き方も否定しないが、今年はなるべく自営色の強い働き方を模索したい。

②孤独感

家族構成:独身一人暮らし
友人:頻繁に会える相手は少ない
仕事:ネット副業系で模索中(人と会う機会無し)

 友人とお出掛け(飲み会、食事等)が月2~4回程度で、社畜時代はそれに加えて週5の出勤、月2回程度は会社関係の飲み会があるので「休日くらいは一人でゆっくりしたい」という気持ちも強かったのだが、それが無くなると人と会う機会が激減して孤独感が強くなっている。

 5chに書き込んだりオンラインゲームしてみてもネット上での他人とのやり取りは孤独感の解消にはさほど寄与しなかった。やはりリアルは別だ。

 ならば何かしらの場に出て新しい出会いを作っていくべきかもしれない、が①(経済的不安感)があって金はあまり使いたくないし、そもそもコミュ障なのでそういうのは苦手である。まずは仕事を通して適度な距離感で人と交流するのが一石二鳥か。

 これまでは一人自宅でPCカタカタ打ってれば成り立つようなタイプの仕事がベストと思ってたが、やっぱり複数人で協力できる体制が仕事面のメリットをあって、いいのかなと思った。

③疎外感

 友人と飲んだり、Lineしたりしていても、サラリーマンと自分とでは違うなという疎外感のようなものを感じる。優越感はあまり感じない。

 やっぱり働き盛りの年齢なので、友人は悪気が無くても昇進や転職で収入増などの自慢ぽい話を挟んでくるし、何なら「仕事大変だ」系の発言すらも自慢に聞こえてくる。実際、この種の発言には「本当に大変でマジ辛い」と「大変だけど充実してるぜ」の2系統あると思う。後者の匂いを感じると、若干辛い。

 ちなみにセミリタイアに関していじってくる・聞いてくる人が意外と少ない。「こいつやっちまったな…」と思っていてその話題は腫物扱いなのかもしれない。自分も毎日忙しい人たちに対して「毎日ゲームしてるぜ!」みたいな充実自慢をするのは何か違う気がして、あまり話さない。

 それでも楽しさの方が勝るので付き合いは続けていくつもりだけど、昔からの友人とは別の、同属性のコミュニティの必要性も感じている。