無職に向いているスポーツ観戦①

2020-01-20 オフ 投稿者: 所長

 元々好きだけど、スポーツ観戦は無職・セミリタイア向きの趣味だと思う。会社員は忙しくてニュースで結果だけ把握してるなんて人が多いが、無職であれば何なら贔屓の選手・チームを全試合見れるし、たまに現地観戦するにも日程は組み放題だ(残念ながら予算の問題はあるが…)。自分の好きな競技毎に考察してみる。 

海外サッカー

 もっぱらスペインリーグ(ラ・リーガ)とチャンピオンズリーグを見ている。DAZNに入ってれば全試合観れる。ラ・リーガだけならWOWOWでも観れる。さらに2020年はEURO(WOWOWで放送)、コパアメリカ(放送未定、多分DAZN)が6~7月にある。

 ヨーロッパへ現地観戦の旅なんてのも楽しそうだけど、財政難のため保留。

 なおJリーグはあんまり興味なし。高校サッカーは試みにガチ観戦してみようかと思ってたら気が付いたら終わってた。また来年。

プロ野球、MLB、高校野球

 DAZNに入っていればプロ野球とMLBは大体全部観れる。開幕が楽しみである。

 プロ野球は年に数回、現地観戦にも行っているのだけど、財政難のため保留。MLBも一度は見に行きたいけど、やはり金が…。

 ちなみに沖縄の球団キャンプ巡りは一度経験があるけど、セミリタイア向き。2月下旬の2週間くらいは紅白戦または練習試合(12球団同士またはvs韓国球団)が多数組まれていて全部無料。3月上旬も沖縄で、より実戦的なオープン戦が見られる(有料)。

 無職の財政に優しいのは高校野球。近年、県大会を観に行っているが結構面白い。500円くらいで2~3試合観れる。今年はガチ観戦の予定。甲子園も交通費・宿泊費はかさむが入場料は安いみたいだから、現地観戦もありかもしれない。

テニス

 錦織圭目当てで観始めたが、今では外国人選手にも詳しくなり1年中観ている。視聴は男子テニスの主要大会に関してはWOWOW(追加費用不要のWOWOWOオンデマンド含む)でほぼ網羅。

 なお最近は大坂なおみの登場にあわせて女子テニスにもニワカとして参入。こちらはWOWOWでは4大大会+東レパンパシフィックオープンしか観れないが、その他はDAZNで概ねカバーできる。

 現地観戦については、上位レベルのツアー大会となると国内では9~10月に東レパンパシフィックオープン、楽天ジャパンオープンが東京で開催するのみ。金~日のパックが2万円くらいで以前行ったことがある。月~日のパックは4~5万くらいだったか…社畜には出来ない芸当なので一度はやってみたい。

 世界各地の大会にも行ってみたいところだが、特にオーストラリア(1月、全豪オープン他)は4大大会としてはチケット安め、中国(9~10月、北京OP、上海マスターズ)は交通費、チケット共に安めで行きやそう。

 今月は全豪オープンなどでテニスが熱い月。自宅引きこもり観戦で多忙である。

まとめ

 DAZNとWOWOWに入っていればサッカー・野球・テニスの観戦欲求はほぼ満たせる。お金もあまり掛からないので、セミリタイアの趣味に最適。

 現地観戦(特に海外遠征)についてはお財布との相談となるが、社畜では常識的に困難な日程も余裕で組めるのがアドバンテージだ。