2020年1月の収支・補足

2020-02-02 オフ 投稿者: 所長

 2020年1月の収支について補足や考察を加えてみる。持続的なセミリタイアのため、目標は月15万+その他で年間240万と考えている。これは今の生活スタイルで継続的に、ストレス無く実現可能なのか?

(前回記事↓)

月15万生活は維持可能か?

 まず、1月が特別に支出が少なくなった理由がいくつかある。

・光熱費がクレジットカード1月引き落とし分で計算しており、多分実際の11月あたりの使用に対しての料金である。11月は光熱費が安い時期。1~2月は例年エアコン使いまくりな上に、今年からは家にいる時間が長いので3月くらいの支払額が大幅に増加する恐れがある。

・飲み会などの人付き合いが少ない月だった。

オンライン英会話(6000円/月)が今月はキャンペーンで無料だったのでカウントしていない。またWOWOW(2500円/月)も今月加入して初月無料なのでカウントしていない。

2020/2/29修正
凡ミスでそのキャンペーンは適用外だったため、しっかり引き落とされていた。

 これらを踏まえると、今月はたまたま安くなっているだけで、今の暮らし方では15万の継続は少し厳しいかもしれない。

節約の余地は?

 まずは家賃が7.4万かかっているのは細々系セミリタイアラーとしては贅沢かなとは思うが、現在は一般人からセミリタイアラーへの移行期間のため、引っ越しは時間を掛けて考えたい。それ以外の点で考えたい。

 食費(2.4万)は、もう少し減らせそうかなという感覚はある。今月は外食が多かった。自炊に少し興味も出てきたので、無理せず2万以下には落とせるような気がする。

 通信費(0.9万)は家回線とモバイル回線を足している。格安SIMの変更や料金プランの見直し等で多少は落とせるか。家にいる時間が長いのでスマホのデータ通信量は余剰気味だ。

 ジム(1.1万)はちょっと高いので、暖かくなったら解約、またはコースを変更(平日限定プランとか夜限定プランとか)するかもしれない。外でランニングするなどで代替すれば運動も継続出来る。ただ、今は寒いし、ジムに入り浸って光熱費を節約出来ている側面もあるので、春までは様子を見よう。

 ガソリン(0.9万)は元々隔月程度でしか発生しないので、それほど気にしないでもいいかもしれない。これも暖かくなったら、近場は歩くことで少し減らせると思う。

 これらの工夫で、現在の家賃でも月15万は可能かもしれない。

旅行などについて

 月15万×12=180万、+その他60万で、240万/年を目指したい。

 生活費15万/月は何とかなるかもしれない。

 その他枠というのは、車検、税金、旅行など。毎日同じ生活をしてると飽きてくるので、旅行には年数回は行きたい。そうするとこの60万枠は結構あっさり突き破ってしまいそう。

 ケチケチしてるだけの面白くない人生は避けたい。けど、人並みの収入を捨てて自由を選んだのだから、お金についてはある程度ケチらなくてはならないし、お金があまり無くても楽しく生きられるということを実践していきたい。

 でも今年ぐらいは脱社畜記念特別ボーナス、移住の検討のための各地視察などという屁理屈で少々散財してもいいかもしれないが…。来年以降は稼ぎとのバランスを見て考えていく必要がある。