コロナ騒ぎによる助成金とか要らん。各自で頑張れ。

2020-03-04 オフ 投稿者: 所長

 コロナ騒ぎの国からの補償。子供が家にいることになり、その結果、親が働きに出れず家庭の収入が減る…、あるいは企業が活動を縮小させられる…、その結果非正規社員が解雇になる、など個人・企業共にコロナによる経済的ダメージがあるが、それを国が補償すべき!みたいな議論が出ているようだ。貰える立場にないがゆえのポジショントーク半分だが、そんなの必要か?と思う。

キリが無くないか?

 地域的な災害で被災者を国全体(=多くは被災してない人)が支援するのはいいと思うのだが、今回は全国規模なので被災してない人が被災者を支援する構図ではない。助成金の財源が何であれ、要するには税金か国の借金だろう。今回のコロナで損した個人や企業にいちいち補償してたらいくら掛かるかわからないから、損した人全員をケアするのは辞めたほうがいい。

 下記の記事はそのうちの一種で、コロナで保護者が休業する場合に国が会社に助成金を出すという話。まぁこれくらいなら納得はするが。

保護者休業の助成金、1日8330円上限 自営は対象外
https://www.asahi.com/articles/ASN3252NVN32ULFA00T.html

 「従業員に通常の有給休暇とは別に有給休暇を認め、その休み中の給料の全額を支払うこと」を条件とし、国が企業に対して助成金を出すということだ。これにより企業は有給休暇とは別の枠組で子供の親にコロナ休暇を許容しやすくなる。しかし一方で独身は休む口実が無いので休んだ人たちの分まで奴隷労働を強いられるかもしれない。

 この件は自営は対象外だが、今日国会で「自営・フリーランスはどうするんだ!」と野党に言われて安倍が「それも別で考えてる」って言ってた。証明が難しい気がするし、会社員程の恩恵はおそらく受けられない気がする。こういう場合に細々の自営・フリーランスは損する。

そもそも育児の支援制度にあまり賛成でない派

 保護者休業の助成金に関して言えば、社会全体が子持ちサラリーマンを支援することになるので、独身やフリーランスは支援する側だ。

 そういえば前の会社も子育てを支援する会社をアピールしてたので、子育て中の社員の時短勤務や定時帰宅を許容する社風だった。全員とは言わないが、それで勤務時間中も全く集中してなくて(居眠りしてたり)、糞みたいなパフォーマンスしか出さない育児社員が居て、その尻拭いをする役回りだったので、私はあまり育児の支援とかにいいイメージが無い。

 自分の老後のためにも社会全体が育児をサポートすべきという理屈は分かっているのだけど、だからといって勤務時間中は真面目にやってくれなくては困る。ていう話をすると育児経験者が「育児は夜も寝れなくて大変だぞ」とか擁護してくるのだけど、そんなの知らん。ならば育児休業をしろという話。それでもいくらかの手当は入るのだから。

 とにかくこの会社は育児や介護や鬱病気味の人とかに優しかったので、そういう要素が無い自分が馬車馬のように働いたり客に怒鳴られる必要があり、その割には大した恩恵も受けなかったので、不満が限界を超えて辞めることになってしまった。

世紀末の世界なら補償とかない

 経験上、立場上、損な立場だったので、弱者救済など不要!力こそが正義!というラオウっぽい偏った考えになってしまった。これを機に北斗の拳の世界になったら、ラオウみたいなやつを見つけて軍師的ポジションを目指したい。

 会社が拳王軍であれば、育児で出社できないとかラオウに言ったら殴られて死ぬだけだと思うし、その必要があれば除隊して独立する(モヒカンの野党になるだけだが)と思う。

 江戸時代とかも補償補償言わずに皆勝手に頑張ってたんじゃないかと思う。

 社会保障制度は障碍者などを優遇するのは賛成するが、甘えを生んではいけない。「月収14万、日本終わってる」とか文句言うだけの奴が増えてしまう。コロナでやたら世間が文句ばかり言っているのが気になる。こういう奴が収入減ったから補償しろと騒ぐのだろう。

 コロナ騒ぎ1ヵ月で倒産したホテルの話も出ているが体力が弱すぎだと思う。これを例にしてやたらに助成金とか救済措置を考えるべきではない。