家庭内備蓄について考える

2020-03-09 オフ 投稿者: 所長

 コロナ騒ぎによるマスク不足・トイレットペーパー不足の問題、さらには保存食も売れているという。私は平時から買い溜めする癖があるためまだ余裕だが、これを機に我が家の備蓄状況について整理してみる。

マスク

 65枚入りが2箱近く残っている。あまりに高騰しているので、1箱売ることも頭をよぎった。仕入れ時から転売することが前提の転売行為は嫌いだが、元々余分に持っている物を売るのはまぁ許容範囲かな…と思ったけど、そろそろヤフオク禁止になるみたいだし、収束もイマイチ見えない状況なのでやっぱり備蓄しよう。

 あと、自分の場合、1時間だけ外出するみたいなことが多く、その都度使い捨てはちょっと勿体ないと思い、水洗いして干して再利用する運用を始めてみた。

 この騒ぎが収まったら、保存して劣化するものでもないし、やはり3箱くらいは備蓄しておきたい。

トイレットペーパー、ティッシュペーパー

 これらの品薄はデマ起因なので全然心配はしていないが、トイレットペーパー20ロール、ティッシュ9箱の備蓄あり。数ヵ月は大丈夫だろう。騒ぎが収まってからゆっくり補充すればよい。

 しかし念のため、トイレではウォシュレットを多用しつつ従来の半分の面積で拭くとか、ティッシュもなるべく枚数を節約するような使い方を心掛けるようにした。

 オイルショックの前例もあるし、劣化するものでもないので、マスクと同様、普段から備蓄しておいて損はない。場所はとって邪魔ではあるけども。

歯ブラシ、髭剃り、髭剃り用ジェル、シャンプー、洗剤など

 この辺も○○Payキャンペーンに狂って「何でもいいからあといくら買う!」の心理のときに1年くらい困らない程度に備蓄してしまった。

 いつかは使うものとは言え、在庫が場所をとって邪魔だし、生きる上で必須のものでもないから、過度な備蓄は不要かと思う。

食料

 災害対策を兼ねて、普段から冷凍食品や保存食を備蓄しながら消費するよう心掛けている。栄養バランスはあまり考慮していないが、2週に1回の買い出しで、常時1~3週間分の備蓄がある。今後はもう少し備蓄量を増やして常時1ヵ月篭れる体制にしてもよさそうだ。

エネルギー

 米を十分備蓄していても電気が無ければ米を炊けないし、加熱しないと旨くなさそうな食料も多いが、対策は取っていない。ライフラインは止まらないことが前提になっている。

 モバイルバッテリーは常時フル充電しているが、スマホ2日分程度だ。

 ガス・電気の供給停止の事態でもなんとかなるようにカセットガスを保有してみたり、もう少し大型のバッテリー、あるいは小型の太陽光パネルを持っておくといいかもしれない。