副鼻腔炎の入院手術(6)入院の準備

2020-03-18 オフ 投稿者: 所長

 病院からスケジュール確定の連絡を受け、いよいよ入院の準備に入る。と言っても体調管理、書類準備、持ち物準備くらいだが、特に入院生活を快適にするための持ち物の準備は重要だ。

薬の服用を開始、体調管理

 術後の出血を抑えるためプレドニンという薬を1週間前から服用する。薬剤師曰く、副作用で免疫が落ちるらしいので、体調管理に気を付けるようにとのこと。

 ある程度の発熱があると手術が中止になる。(コロナとは関係なく)

 とりあえずうがい、手洗い、夜更かししない、など気を付けることにする。

書類の準備

 申込書とか同意書とかを沢山預かっているので、適当に記入する。

 高額医療費制度を事前に適用できる「限度額適用認定証」というものを用意するという選択肢があるが、これは事後に申請することにした。これは資金に余裕が無い場合は有用だが、そうでなければ事後申請にした方が、一時的な支払額が大きくなりクレジットカードのポイントを大量ゲット出来るのでお得なのではなかろうか。

 保証人に親の名前を書いたが、将来のことを思うと保証人は不要にさせて欲しいなとつくづく思う。

病院指定の持ち物の準備

□診察券
□保険証
□入院保証書
□印鑑
□お薬手帳

□下着
□洗面用具(シャンプー、石鹸、歯ブラシ等)
□はし、スプーン、コップ
□バスタオル、タオル各3枚程度
□パジャマ2~3着
□室内履き
□ティッシュ(鼻の手術なので、多めに用意するのがよさそう)
□イヤホン
□使用済を入れる袋類

趣味の準備

この3種の神器があれば暇になる心配はない。

□スマートフォン
□ノートPC
□Nintendo Switch

…と思ったが、入院の案内にこんなことが書かれていた。

電子機器の持ち込みはご遠慮ください。
電気シェーバー、携帯電話の持ち込みは許可しています。
スマートフォン、ノートPCは持ち込み可能ですが、Wi-Fiの利用は医療機器に影響を及ぼすため禁止しています。有線LANは指定された場所でご使用出来ます。

 まず、NintendoSwitchが書かれていない=持ち込みはご遠慮くださいなのか?と思ったが、構造的にスマホ・ノートPCと同等のものと解釈していいだろう。

 次に「Wi-Fiの利用は禁止」。4G通信は何とも書いてないので問題ないのだろうが、テザリングはWiFiの一種だから駄目…となるとSwitchはオフラインモードでいいとしても、ノートPCはオフラインではあまり利用価値が無い。所定の場所(恐らく共用エリア)で有線LANが使えると言われても面倒だし、そもそもPCに有線LANポートが付いてない。となるとPCは脱落、お留守番。

 WiFiの電波ごときで現代の医療機器に問題が出るとは思えないが、ルールは守らなければ。絶対守ってない奴いるとは思うけど。

 スマホの通信量は持越し含めて6GB近くあるが、念のため事前に電子書籍・動画などダウンロードして、通信量を節約すればより安心だ。勿論充電器も忘れてはいけない。

続きは退院後

 以上、ここまでの記事(副鼻腔炎の入院手術(1)~(6))は実際には入院前に書いていて、入院期間に合わせて自動でアップされることになっている。つまりこの記事がアップされる日は退院日である。

 無事生還したら翌日に続くかもしれないし、ここで更新が止まったら不足の事態で入院が延びたか、もっと悲惨なことが起きたということかもしれない。