任意継続の健保の2020年度分の請求

2020-03-24 オフ 投稿者: 所長

 任意継続している健保の2020年度分の請求書が来た。保険は年度単位(4~3月)なので、まず退職直後に2020年1~3月分の請求があり、3ヵ月分一括払いにして112,492円の支払い(月3.7万)だった。今回は2020年4月~2021年3月分ということだ。

1年分。たけぇ…

(参考記事↓)

保険料に若干変更有り

 任意継続の保険料は完全に固定だと思っていたが、少し誤解があったようで、年度単位で少し変更がある。

任意継続の保険料は次の1,2のうち低い方の標準報酬月額から算出する。

1.退職時の標準報酬月額
2.全被保険者の前年9月の平均標準報酬月額
(今年度は25等級、来年度は26等級)

 「平均標準報酬月額」とやらが1階級上がってしまった。

 また、細かいことだが介護保険料率は毎年変わるようで、こちらも1.55%⇒1.73%へと引き上げるとのこと。まあそんなに大きな変化ではないと思う。

 この結果として、保険料は2020/1~3の期間は37,620円/月だったが、2020年度は40,394円/月に値上げとなった。

 なお、国民健康保険についてはこれよりずっと高かったので、任意継続の選択が最良だったことに変わりはない。(私の場合。退職前の所得や自治体の減免制度によっては国保の方が安くなる可能性はあるかも。)

 また保険自体から逃れる方法としては退職直後に1年間世界一周するという手もあったが、失業手当を諦める必要があることと、今年はコロナのせいで世界的に楽しい雰囲気ではなくなっているので、これは辞めて正解だったと思う。

(参考記事↓)

1年一括で払う

 毎月請求と、半年一括、1年一括を選べて、一括だと若干割引があるので1年一括にする。支払い方法は銀行振込か健保事務所への持参のみ。

毎月 40,394円
半年一括 239,611円(39935円/月)
1年一括 474,569円(39547円/月)

 以前に書いた通り「途中で離脱して国民年金に切り替える」のタイミングは2021年4月がベストなので、ここで1年払っても問題はない。

 これに加えて住民税もやがて請求が来るのは、想定済とはいえ憂鬱である。