セミリタイア3ヵ月の雑感

2020-03-30 オフ 投稿者: 所長

 セミリタイアした最初のうちは安定収入が途絶えたことの不安感や、友達の社畜多忙自慢を聞いて疎外感のような感情に苛まれていたが、だんだん気にならなくなってきた。

 単に慣れたということもあるが、不謹慎ながらコロナのおかげで「今はこのご時世だからね…コロナが落ち着いたら考えるよ」という言い訳がしやすい状況になったし、社畜多忙自慢もあまり聞こえなくなったということもある。

 親には無職になって心配を掛けているだろうな…と思いきや、最近は「今考えるといい時期に辞めたな!引きこもっていれば安心だ。」みたいなことを言っている。一応フリーランスに転身したと説明しているのに、なぜ引きこもってる前提なのだろうか…。まあ当たっているのだが。

辞めたタイミングはどうだったか

 リタイアしたタイミングに関しては、このご時世で通勤しないで済むのは優越感がある一方で、時差出勤やらテレワークが推奨されているという退職前は考えられなかった状況がちょっと羨ましく、半年くらいこの状況を体験してから辞めてもよかったか?という気もしないでもない。まあ前の会社では今のところテレワークは限定的らしいし、実際感染したら地獄だから、続けていれば今頃「あー早く辞めればよかった」と思っているだろうけど。

 それとせっかく自由なのに海外旅行がほぼ出来ないタイミングに当たってしまったことは不運だったと思う。未来が視えていれば1年早く辞めたかな。

 コロナはさておくと、実際3ヵ月やってみて、「生活費はこれくらいだから、細々稼げば逃げ切れるな」という目途は見えてきて、資産としては適切なタイミングだったと思う。稼ぐ方法についてはまださほど目途が立っていないが、そもそもIT・ネット界隈で(どの界隈でもそうかも)で今後30年続く手法など無いから、その都度臨機応変にやっていくだけ。

 ということで、個人的には「アラフォー・5000万・賃貸」+ある程度稼ぐ意欲がある人なら、いけるんじゃないかと思う。やりようによっては働かなくてもいけると思う(ド田舎ドケチ暮らし等)。

やらずに後悔よりやって後悔がお勧め

 リタイア後に働く意欲とか、どのくらいの水準の生活をするか、扶養家族有無など、人それぞれの変数があるから目標額は一概には言えないけど、ある程度の条件に達していて動かない人はそもそもセミリタイア出来ない人(リタイアするする詐欺・会社辞める辞める詐欺)の可能性も高い。つまり「5000万賃貸では足らない、持ち家必須だ」⇒「5000万持ち家では足らない、1億だ」とリスクばかり考えてゴールが遠くなり、無事定年退職するパターンである。

 「そういうわけで定年まで頑張るよ!」と言ってる人は素直に応援出来るのだが、「俺は早期リタイアする!」とか言っていて上記のようなパターンに入っている人は詐欺師にならないよう要注意。

 やってみて後で後悔して再就職してもいいと思う(例え年収ダウンしても)。やらずに定年になって後悔するよりは、やって後悔した方がいいと私は思った。最近、中居正広の会見で「後悔する決断があってもいい」みたいなことを言っていて少し共感した。まあ彼は無限の資産があるだろうけども…。