FXで死にかけたけど生還

2020-03-31 オフ 投稿者: 所長

 今月は外出自粛ムードで暇だったのでリタイア後初めてFXを再開した。コロナショックで為替も大変なことになっていて、私も一時は死を覚悟したが、終わってみれば今月7.8万円の利益となった。

FXは慎重に資金管理さえすれば勝てる…ような気がする

 FXはギャンブル色が強いイメージがあると思うし、実際過去には大きく資金を溶かしたこともあるのだが、低レバレッジでやる分には外貨預金と同じことなので、慎重に運用するというマイルールを定めて再開することにした。

マイルール
・FX口座は約1000万程度とする(全資産の20%)
・レバレッジは3倍以内とする。
・ロング(円売りドル買い)を基本とする。

 つまりこのルールだと最大で3000万円分(全資産の60%)を外貨預金するのと同じなので、そう考えるとギャンブル感はあまりない。

 円資産だけ保有している場合、円安になったときに実質的に資産が目減りすることになるので、ドル円ロング戦術は円安へのリスクヘッジになる。当然大幅な円高になったら損するが、個人的には100円以下はもう無いと考えているので、下がったら買う戦術で行けば勝てる。

と思ったけど死にかけた

 今回は3月頭に円高になり始じめた頃(108円くらい?)に参入したところ、急激に102円まで下がり、100万円以上の含み損になったが、ひたすら祈りを捧げていたら何とか戻ってきて±0で脱出した。

 その後、ちょろちょろと取引して数万円の利益を得たが、この件は大いに反省しなければいけない。リタイア初年からやらかしたら、精神的に厳しくなり、再就職に向かうしかなくなる。今回はたまたま事なきを得たが、やはりサラリーマン時代に損してたときとは精神的にだいぶ違うことは分かった。

 リーマンショック級のイベントだったとは言え、まだコロナ問題が解決したわけではないので、また大きな動きが無いとは限らない。当面は警戒が必要だと思う。

あと1000万くらいは株とかに

 株などのために証券口座に別途1000万入れているが、日経平均15000円くらいまで下がった頃合いで仕込もうと思って待ち構えていたら、一旦峠を越えて上がってしまったので、仕込み損ねた。こちらも買い時はやがて来ると思う。