コロナ補償30万円支給についての見解2

2020-04-11 オフ 投稿者: 所長

 30万支給について最近書いたが、総務省のサイトに詳しい情報が出ていたので補足・訂正する。

生活支援臨時給付金(仮称)
https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/gyoumukanri_sonota/covid-19/kyufukin.html

(前回↓)

抜粋

(1)新型コロナウイルス感染症発生前に比べて減少し、かつ年間ベースに引き直すと住民税非課税水準となる低所得世帯
(2)新型コロナウイルス感染症発生前に比べて大幅に減少(半減以上)し、かつ年間ベースに引き直すと住民税非課税水準の2倍以下となる世帯

  • 扶養親族等なし(単身世帯) 10万円
  • 扶養親族等1人 15万円
  • 扶養親族等2人 20万円
  • 扶養親族等3人 25万円

問2 「収入が減少した世帯」が給付対象とされていますが、いつの収入同士を比べるのですか。

  • 本年2月~6月の任意の月の月間収入が、昨年に比べて減少していることをお示しいただく予定です。
  • 比較の方法については、詳細が決まり次第、政府(総務省)のホームページ等においてお知らせいたします。

自分なりの解釈(間違っていても責任は負いません)

 これまで「住民税非課税水準」というのが結局いくらなんだよという分かりづらさがあったが、上記の通り基準額が単身は10万、2人家族なら15万…と分かりやすくなった。

 また減少の比較元は「昨年」となっているので、1月時点で既に無収入であることは関係ないと考えられる。

 独身の基準だと、「昨年より減少して月収10万以下」または「昨年より半分以下に減少していて月収20万以下」となる。

 条件(1)(2)ともに「減少」が条件なので2019年から元々低空飛行(無職)の人は無理であろう。また、年金・生活保護については明確に駄目と記載がある。

 失業保険は収入といえるのか?は何とも書いていないが、収入の一種であると仮定すると、以下のように考えらえる。

年金生活者、生活保護受給者×貰えない
総務省サイトに明確に記載有り
2018年以前に退職し現在無職×貰えない
「減少」してないから
2019年途中に退職し現在無職△分からない
昨年の収入の証明方法によっては「減少」と認められない可能性
現在無職、失業保険を3月以降に受給開始○貰える
2月が収入0円だから
現在無職、失業保険を2月以前に受給開始し受給終了が6月以降△受給額による
審査対象の2~6月に一定の収入が存在することになる。失業保険の受給額によっては条件に入ることもある。
(特に初月と最終月は端数なので10万以下、20万以下になりやすい)
現在無職、失業保険を2月以前に受給開始し受給終了が5月以前○貰える
6月が収入0円だから

私の場合、
2月:失業保険未受給(副収入5万円)
3月:失業保険受給開始(副収入5万円+失業保険16万)
4~6月:(副収入5万円?+失業保険21万?)

こんな感じなので、2月が条件(1)に該当すると解釈している。