仕事(内職)を開始した

2020-05-14 オフ 投稿者: 所長

 2ヵ月で30万くらいの安い仕事だが、今週からシステム開発のような仕事を正式に開始した。失業保険を貰っている立場でもあるので、正式な仕事というよりは内職と言っておこう。実際、時給換算するとコンビニバイトレベルだし。

メリット

 あまり安すぎる仕事はやりたくないと思っていたが、成り行き上やることになったからには前向きに考えている。例えば以下のメリットがある。

・実績が1つ出来るので(サイト上でもヤフオクみたいに評価制になっている)、今後選定されやすくなる。

・世の中に全く同一の案件はないが、ある程度使いまわせそうな案件はあるので、何割か短時間で出来る。実績が積み重ねればそういう余地が多くなる。

・とりあえず安くても収入があって仕事をしている、ということで気分的に落ち着ける。

・この案件の続き(メンテナンス・機能追加など)の仕事も継続で降ってくる可能性がある。

・IT土方企業に就職するのと比べると、自分で何でも決めれる(クライアントの無茶ぶりは同等だと思うが、邪魔な上司が居ないという意味で)ので、やりがいはある。

今後の生き方

 この路線を主な生業とするかはまだ分からない。

 少なくとも短期的には常駐のエンジニアはこれよりずっと楽に高額を稼げる。しかしフリーランスだから自由に休めるとか在宅ワークが許されるなんてことは全然無く、社員と同等の出勤体系が基本だ。期間限定の契約だから、半年働いて半年休むみたいな形が取れるけど。

 しかし収入より自由を求めてセミリタイアしたので、もう少しこんな形で様子を見てみたいところだ。クラウドソーシングで名声を高めてもう少し割のいい仕事を選べるようになって、自分の作業効率も上げれば、週休4日で年収300万みたいな新しい形は実現出来るのではないかと思う。