内職(フリーランス仕事)の状況

2020-05-29 オフ 投稿者: 所長

 フリーランス的な内職(対ハローワーク的に内職と呼んでいる)の状況について。

 クライアントには責任感あるフリーランスを名乗っているので、セミリタイアがてら緩く稼ごう、あまつさえ失業保険にかじりついている、とバレるのはよろしくない。まあ彼らがセミリタイアカテゴリの弱小ブログを見るわけもないとは思うが、一応細かい点はぼやかして書きたい。

 クライアント企業についてそこまで細かい説明は受けていないが、ググったところによると若者が数人くらいで立ち上げたベンチャー企業というところ。社長ともやり取りするが、私よりずっと若いようだ。コミュニケーションは主にメール・チャット・オンライン会議だ。

 オンライン会議のときだけ外出着を適当に来ているが、下はパンツだったりする。仕事する上で外に出る必要があったことはない。

 まだ終わったわけではないので、相手の気持ちも自分の気持ちもこれからどうなるかは分からないが、現時点では私の仕事を評価してくれているらしい。今回30万程度で請けているが、今後も他の仕事もお願いしたいようなことを言ってくれている。

 勿論、1社をあてにし過ぎるべきでもないので、今後新規開拓も必要だし、このクライアントの知り合いの…みたいな繋がりもあればいい。

 対ハローワークで週3日という設定になっているが、今は1日6時間くらい×週6日程度は働いている。あまり社畜と変わらない上に月給換算で15万くらいなのだが、これは自分のスキルが錆びているせいもあって、今後もう少し効率上げれば、週3日で月給30万くらいは達成できるような気がする。

 これが続けられれば田舎や東南アジアで安く住むこともやりやすくなってくる。