家賃が生活費の半分以上という問題

2020-05-30 オフ 投稿者: 所長

 会社を辞める前に「山に自分で小屋建てて住んでる」とか、それに近い系統のブログを憧れてよく見ていたけど、よく考えたら虫とか嫌いだし、自作トイレとかも自分にはちょっと無理だなと思う。やはりまともな家じゃないときついかと。

 保証人とかの問題はさておき死ぬまで今の賃貸と仮定すると90万×50年=4500万くらい、長生きすると総額で必要ということになる。安い賃貸はいくらでもあるから、贅沢言わなければ年50万、計2500万くらいでいける。ただ、独居老人がずっと賃貸というのは…。

 築10年くらいのマンションを2000万で買うとして、年間維持費が40万として×50年=2000万でトータル4000万。それほどお得感はない。それより安いマンションは築年数が古すぎて老後どうなるかが気になる。

 こじんまりした中古戸建を2000万以内で買ってメンテナンスはなるべくDIYですれば、トータル3000万以下でいける。これもやはり古すぎる家は一生住めないので避けて、築10年くらいで。この辺が無難な選択なのかな。

 安い中古戸建の究極系としてド田舎、別荘地で小さい家だと1000万以下で買えるわけだが、土地勘の無い知り合いも居ない田舎に住むことはどうだろうかと迷いがある。

 月間の支出を記録しているが、家賃の割合がとても大きい。これを早く何とかしなければいけないと思う。