格安SIM今日で解約。最後に光回線と4G(格安SIM)の速度比較。

2020-05-31 オフ 投稿者: 所長

 今日で格安SIMが解約で、明日からdocomo回線1本とする。金額面以外でも色々な契約やモノがあり過ぎるのを少し減らしてなるべくシンプルにしたいと思う。断捨離というやつか。

 どうせ解約なので余っている通信量を使って21時~22時くらいに掛けて速度を測定してみた。この通信速度測定って毎回結果のぶれが大きいので何回も試したくなる、しかしやりすぎると速度測定自体で結構通信量を食うから。

◆スマホ

Wifi(フレッツ光)
下り2~4Mbps、上り50~60Mbps

格安SIM
下り30~40Mbps、上り1~5Mbps

◆PC

Wifi(フレッツ光)
下り2~6Mbps、上り80~100Mbps

スマホからのWifiテザリング
下り10~20Mbps、上り1~5Mbps

スマホからのUSBテザリング
下り30~40Mbps、上り1~5Mbps

やっぱりこの時間は光回線がかなり遅い。これは恐らくフレッツ光がマンションで配線を共有しているようなタイプ(その分、戸建プランより結構安い)だからなのだろう。格安SIMより遅いなんて、光として恥ずべきレベル。

格安SIMの方が下りはずっと速いのだが、恐らく通勤の時間、昼12時台などは関係が逆転するかもしれない。あと上りは遅い。これはモバイル回線全般に言えるところだと思う。上り速度ってあまり活躍する場面が多くないけど、オンライン飲み会やオンライン打ち合わせで影響がある。

それと格安SIMのWiFiテザリングでPCを測定した場合、スマホ自身より速度は半減していた。しかしUSBテザリングを使えば、スマホ自身とほぼ同等の速度が出ることが分かった。もし家回線をやめてスマホだけにするなら、充電も兼ねて常時USBをPCに刺しておくのがよさそうだ。

来月からのdocomo回線の様子もチェックして、今後の通信をどうしていくかを考えたい。